コンパクトなミニバン。それがプチバンです!コンパクトカーにスライドドアを搭載

軽と普通車の違い

軽と普通車では規格が違います

まず言葉から。軽自動車以外は全て普通車(ふつうしゃ)といいます。

軽自動車には規格による制限があります。

全長 3,400mm(3.40m)以下
全幅 1,480mm(1.48m)以下
全高 2,000mm(2.00m)以下
排気量660cc以下
定員 4名以下
軽自動車 – Wikipedia

この規格を超えると、普通車扱いとなります。

それぞれのメリット・デメリット

軽自動車

メリット
・維持費が安い(自動車税重量税・強制保険・任意保険)
・下取り査定額が高い

デメリット
・値段が高い
・4人しか乗れない

普通車

メリット
・遠出もOK(軽に比べて)
・5人以上乗れる

デメリット
・維持費が高い(軽に比べて)

燃費に関して

気になる燃費に関しては、軽自動車が極端に良かったり、普通車が極端に悪かったりはしません。普通車から軽自動車へ乗り換えた人は、パワー不足からついついアクセルを踏みがちになり、軽でも燃費が悪くなったりします。普通車であれば、エコ運転を意識しなくても燃費を稼げたりもします。要は、自分の走り方とクルマの使い方に大きく左右されますので。「燃費が良さそうだから」だけで軽を選ぶと痛い目にあうかもしれません。※燃費以外の維持費は軽自動車にメリットがあります。

Pocket
LINEで送る